Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングの応援。クビを長くしてお待ちしてます。いくらでも伸びます
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fuka0928.blog16.fc2.com/tb.php/26-0428499b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ガラス系ボディーコーティングとの出会い

最近カーワックスを退けポリマーコーティングを一般的な物として表舞台に押し出したガラス系コーティングについて書かせていただきたいと思います。

私がガラス系コーティングとであったのは1年とちょっと前の事でした。それまではカーディーラーで働いていた頃も全く知らず、テフロン系のCPCが万能なコーティング剤だと思っていました。

最初に出会ったガラス系コーティングは嘘くさかったのですが試してみると艶なんかはかなりいい感じです。耐久性については確かめていなかったのですが。見た目で判断していた当時は一気にガラス系に惹かれていきました。

業者さんにイロイロ聞いたのですがガラス系と言ってもかなり範囲が広く定義されていると言うことが判明しました。ネットやオークションの情報も参考にしましたが。現役のポリマー屋に聞いた情報がやはり一番参考になりました。

・・・と言ってもウチは少し大きめのカーショップでコーティングなどはやっていますが多様なニーズに対応する為ガラスコーティングは業者さんに依頼しており、この立場を利用して複数の業者さんに聞いたからです。

なぜ複数に聞いたかと言うと・・・検索で調べた時も思ったのですが、少なくとも販売や施工に携わる所を情報源にすると、偏った情報になってしまいがちだからです。自分のところが一番と思っていなければやっていけませんから当然ともいえます。

で、何が一番いいかと考えた時に業者さんに依頼するのは止めたんです。結論としてはどんなに優れたコーティング剤でもメンテナンスは必要だということは、どの施工業者さんも本音で一致していたからです。そのたびにメンテナンスに出すほどお金を掛けたくないし、自分でやるからこそ面白いという気持ちもあったからだと思います。

そこで市販で販売されているガラス系、または系が付かない純ガラスボディーコーティングでどれが一番納得できるコーティング剤なんだろうか?と考えた時に思い立ったのがコーティング剤比較実験です。自分で確かめるしかないでしょ。と思ったわけです。

続く
スポンサーサイト
人気blogランキングの応援。クビを長くしてお待ちしてます。いくらでも伸びます
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fuka0928.blog16.fc2.com/tb.php/26-0428499b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。