Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングの応援。クビを長くしてお待ちしてます。いくらでも伸びます
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fuka0928.blog16.fc2.com/tb.php/31-f7ecce38

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ブリスXの評価レビュー

と言う事で今日はブリスXの評価レビューをお届けします。ブリスと言えば有名なガラス繊維系コーティングでその艶には定評がありコーティング剤のトータル的な機能として優れていることはコーティング剤比較実験でも明らかになったとおりです。

他のコーティングとの比較などはコーティング剤評価・比較表からご覧下さい。と言う事で本題のブリスXの評価とレビューに入ります。

まず前ブリスとブリスXを比較して何が変わったかと言う点ですがブリスショップなどでも紹介されていましたがまとめますと、艶と持続効果の2点です。

艶に関してはより純ガラス系に近い輝きになったということです。実際の使用感としては言われてみれば・・・と言うくらい。相変わらず艶に関しては文句のつけようがありません。ワックスには戻れませんね(手入れが大変で。)

持続効果についてなんですがこちらはハッキリ言って不明なんですよね。なぜかと言うと前ブリスから持続効果については不満が無かったからです。4ヶ月でまだ弱撥水+艶は残ってましたから。あと1度施工すると再施工が洗車ついでに簡単にできてしまう為そんなに耐久性いらないんじゃ・・・と思ったりします。

なんにせよ耐久性が伸びたということは被膜が強靭になったということで喜ばしいことです。重ね施工も効果がよりいっそう増したということでしょう。

撥水性に関してはかなり変わったような感じがします初期撥水も弱く1ヶ月程度で疎水→弱親水状態に移行します。耐イオンデポジット性能を高めたかったんでしょうか?もともとガラス系の中では撥水性の高いブリスですから好みの分かれるところでしょうがブリスXの撥水性は弱くなっています。

施工感はブリスもブリスXも比較してほとんど変わりありません。私が施工した感じですとムラにもなりません。(前ブリスもムラにはなりませんでしたが)私の価値観に最もあっているので使用しています。

スポンサーサイト
人気blogランキングの応援。クビを長くしてお待ちしてます。いくらでも伸びます
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fuka0928.blog16.fc2.com/tb.php/31-f7ecce38

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。